画力向上のやる気スイッチはこうして押す!上達のためのやる気の秘密

yarukisutitti

イラストが上手くなりたいなら、上達のための練習は必須です。しかし、やらなきゃいけないのはわかってるけど、どうしてもやる気が起きない。だらだらいつのまにか時間がたっていた。絵描きであれば、一度は経験があるはずです。

今回は「イラスト練習のやる気スイッチ」を、1つ紹介します。脳科学でも効果が証明された、究極のやる気スイッチです。

 

究極のやる気スイッチは・・・

イラスト練習の「やる気スイッチを押すたったひとつの方法」、それは「描き始める」ことです。つまり、「とにかく身体を動かすこと」。

 

「それができないんだ」なんて声が聞こえてきそうですが、そもそも考えかたが逆なのです。「やる気がでたから動き出す」ではなく、「動き出したからやる気がでた」。これが正しいやる気の仕組みです。行動そのものが、やる気スイッチなのです。

 

じっさい、「始めるまではめんどくさかったけど、いざ始めると止まらなくなった」、そんな経験に覚えがありませんか?これらは「作業興奮」と呼ばれる現象です。

動き始めるとやる気がでる、「作業興奮」。なぜ、起こるのでしょうか?その答えは、わたしたちの脳にありました

 

脳に埋まったやる気スイッチ

脳には「やる気」をだしてくれる場所があります。その名前は「側坐核(そくざかく)」といい、側坐核から、やる気ホルモン(ドーパミン)が出ると「モチベーションがあがった」状態になれるのです。

 

yarukisuitti

どうすれば側坐核からドーパミンが出るのか。その答えは、「刺激をあたえること」です。逆にいうと、側坐核は刺激がないとドーパミンをだしてくれません。「刺激」、つまりこれが「行動」だったのです

 

やる気はでないけど、とりあえず机にすわる、パソコンを開く、ペンを持つ。始めの行動は、どんなに小さいものでもいいのです。小さくても「身体をうごかす」ことが、刺激になって、側坐核がうごきだす。そしてやる気が出てきます。

 

「やり始めると止まらなくなった」現象は、まさに側坐核が刺激された状態だったのです。「やる気が出てから行動」ではなく、「行動したからやる気」。これが脳科学的にも正しいやる気の出し方だったのです。

 

 

それでも、動けないひとに

脳をだます、最大のやる気スイッチは「動き始めること」。その事実はゆるぎないものです。

しかし、やる気が出ない人にとっては「からだを動かす」ことが、越えられない難関の壁であることも事実です。「それができないから、悩んでるんだ」なんて叫びたいひともいるでしょう。

そんなあなたにおすすめな方法がひとつあります。それは、「1分だけやってみよう作戦」。これは『マンガで分かる心療内科』などで有名な心療内科医・ゆうきゆう先生が紹介している方法です。

 

 

やる気のないときに、無理矢理からだを動かすのは苦痛です。しかし、「1分だけ」と思うとほんのすこし楽になるのではないでしょうか。「1分だけ」と始めた練習が、いつのまにか止められなくなった、となれば作戦は大成功です。

 

逆に1分経っても、まったくやる気がわいてこない。そんなときは、今はまだタイミングではないのかもしれません。別のことで興奮していたり、落ち込んでいたり。そんな時はひとまず休んで、落ち着いたときに「1分だけ作戦」を実行すればいいのです。

 

まとめ

もちろんやる気スイッチを押す方法は「動き始める」だけではありません。好きなアニメを見たり、プロのインタビュー記事を読んだり、上達法を探したり。(このブログもそんなモチベーションの踏み台にしてもらえればうれしいです)

しかし、そんな外から押してもらうやる気スイッチは、探すのも大変です。いつ押してもらえるかわからないし、効果も大きいとは限りません。

さらに、以前強力なやる気スイッチになってくれた物だからといって、この先ずっとおなじくらいの効果をだしてくれるかというと、それも言い切れない。

だからこそ、この究極のやる気スイッチはつねに頭に入れておきたいものです。もっとも手軽で、お金もかからず、いつでも押せる、効果絶大なやる気スイッチ。これを押せる人間は、やっぱりあなただけなのです。

 

イラスト作業効率化に効果的!『匂い』パワーが実はすごかった

2016.08.17

集中してイラスト作業したいなら、選ぶべきBGMはただ1つです

2015.12.10

 

あなたのイラスト添削します

【上達・画力アップ】イラスト添削いたします(3点指摘)【アドバイス・赤ペン等】

イラスト情報はツイッターでチェック!

ツイッターでは最新記事やイラストに関する情報(上達法やおすすめ書籍)、たまに管理人の作品を公開しています。