あなたのイラストなぜ伸びない?テーマとモチーフ、区別してますか?

te-ma

イラスト練習をしていると、「お、上達したんじゃない?」と、自分でも成長を感じられる時間が、多くはなくてもまったくないという人はいないでしょう。

しかし、ある程度描けるようになった「脱初心者」をめざす期間こそ、なかなか伸びないギャップに苦しむひとが続出する時期です。

今回はある程度成長して、つぎへと伸び悩むひと向けに「テーマ」の重要性についてのアプローチをしていきたいと思います。

あなたのイラストには、ちゃんと「テーマ」があるでしょうか。

 

「モチーフ」と「テーマ」のちがい

イラストは、「モチーフ」と「テーマ」でできています。

二つともよくきく言葉ですが、あなたははっきりとした区別ができるでしょうか。

「モチーフ」とは作品でえがかれた『そのもの』。

「テーマ」とは、作品でえがかれた『メッセージ』。

 

たとえば、桜の絵があったとします。

この絵のモチーフは、「」。

テーマは、「桜の花はうつくしい」です。(説明のために暫定の設定です)

 

ABを伝える」という文章で考えると、

Aが「モチーフ」、Bが「テーマ」です。

 

モチーフは描かれたそのもの。

キャラクターであったり、背景であったり、あなたが描くそのものです。

テーマは、絵の意味。

絵に込められたメッセージを指します。

 

伸び悩んでいるなら「テーマ」に力を入れよう

さて、そこそこ絵が描けるけど、なかなか伸びない中級者の方。

(画力そのもののこともありますが、ツイッターなどの評価に関しても)

 

こういったある程度描ける絵描きの伸び悩みは、「テーマ設定」ができていないから、というのが少なくありません。

そこそこ描ける、絵自体に問題はない―――つまりモチーフはしっかりと形どることができているのではないでしょうか。

 

ただ、テーマがない、またはモチーフと混同している。

絵にメッセージがしっかりと刻まれていないのです。

だからこそ、ひとに訴えかけるものが不足していて、なかなか評価がのびない。

この解決策は、テーマ設定に力をいれる

 

あなたの絵にテーマを設定する

テーマを言葉にする

テーマを設定するためには、まず、言語化が必要です。

あなたがそのイラストで、伝えたいことを言葉にしてみるのです。

イラスト作成の作業は少なくありません。アタリを描いたり、ペン入れをしたり、色塗りをしたり・・・しかし、それもひとつなぎです。

テーマを言葉にしておくと、その軸がぶれにくくなります。

また、テーマにできるだけ名詞をさけることをおすすめします。

」よりも、「夏は楽しい」「夏の終わりは寂しい」といった具合です。

 

テーマをモチーフからずらす

テーマを言葉にすることに慣れたら、もう一つ上を目指してみましょう。

イラストのテーマを、モチーフからずらしてみるのです。

 

言葉が厳しくなりますが(ブーメランでもあります)、「桜」を描いて「春」を表すのは誰にでもできます。

【桜=『春のモチーフ』】なので、「AでBを伝える」という文章であてはめると、「AでAを伝える」となってしまいます。

魅力のある絵は、「桜」を描いて「春」を表現はしません。

桜をつかって「失恋」を表したり、「死」を表すこともできます。

モチーフは「春」でも、テーマは別なのです。

 

「喜び」を「笑顔」で表現する、「悲しみ」を「涙」で表現する、というのも『モチーフ=テーマ』となってしまい、イラストとしての深みを出すのはむずかしいでしょう。(無理というわけではありません)

モチーフとテーマをずらす、もしくは正反対のものをもってくることで、イラストに深みが生まれやすくなります。

 

まとめ

イラストにテーマを」という話は、絵に関してネットで調べたことがある人は、よく見るアドバイスだと思います。

しかし、そのアドバイスだけでは、「テーマを考えて、だから何がいいのか」「そもそもテーマとはなにか」という疑問に悩まされてしまうのではないでしょうか。

そのアドバイスだけでは具体的にどういったことがいいのか、ふわふわしてよくわからない。

今回はそんな方のために、まとめてみました。

 

まずは、言葉にして考えてみること、つぎに少しずらしてみること。

一歩ずつやってみれば、あなたのイラストにもテーマがしっかりと生まれ、絵そのものに魅力が増すはずです。

あなたのイラスト添削します

【上達・画力アップ】イラスト添削いたします(3点指摘)【アドバイス・赤ペン等】

イラスト情報はツイッターでチェック!

ツイッターでは最新記事やイラストに関する情報(上達法やおすすめ書籍)、たまに管理人の作品を公開しています。