将来的にもPC絵を描いていきたいなら、必ず勉強した方がいいショートカット

イラスト上達には作業スピードが重要

デジタルイラスト初心者のかたは、ソフトに慣れるので手一杯でしょう。

だいたい分かってきた頃には、パソコンで絵を描くのが楽しくて楽しくて、どんどん描いてみたくなります。

そこで面倒におもうのが、ちょっとした動作です。

 

たとえば、「戻る」ボタンにカーソルをもっていったり、キャンバスを動かすために「ハンド」ツールに切り替えたり。

そんなちょっとした動作が積み重なると、ものすごい時間になります。

 

その分の時間を作業に充てることができたら、どれほど作業時間が短縮されるか、考えるまでもないですよね。

同じ質のイラストを描く時間が短ければ短いほど、たくさん経験がつめるわけですから、上達スピードも変わってきます。

 

そんな作業時間短縮に役立つのが、「ショートカットキー」です。

ショートカットキーとは

キーボードのキーを押すことで、画面上で選択せずに操作をかんたんに行う機能のこと。

キーボードの設定されたキーを押すと、その操作を呼び出すことができるのです。

 

ほとんどのイラストソフトには、メニューや機能などあらゆる操作に、ショートカットが設定されています。

 

たとえば、クリスタで「戻る」は【Ctrl+Z】、この2つのボタンを同時に押すと「戻る」が発動します。

わざわざ戻るボタンにカーソルを移動しなくてもいいのです。

 

作業をこのように片手間でできれば、そのぶん絵にまわせる時間が増えます。

だからこそ、ショートカットはできるだけ使えるようにしておいた方がいいのです。

 

では、特につかえるショートカットキーを少しだけ紹介。

sai、クリスタ、opencanvas

◎元に戻す→【Ctrl+Z】

◎やり直し→【Ctrl+Y】

〇キャンバス左右反転→sai【H】クリスタ【初期設定なし】openCanvas【F10】

〇ハンド(一時切り替え)→【スペースキー】(押している間のみ)

・ズームイン→【Cntrl+ +】[sai または【Page Up】] [openCanvas または【F5】]

・ズームアウト→【Cntrl+ –】[sai または【Page Down】][openCanvas または【F6】]

・スポイト→【Alt+クリック】

・保存→【Cntrl+S】

 

◎最重要 〇重要 ・便利

 

 

基本的にどのソフトもショートカット設定があり、じぶんで好きなキーに変更ができます。

指をおきやすい範囲に変更するのも自由です。

 

もっと極めたい方、ここにないソフトを使っている方はぜひとも調べて見てください。

 

ショートカットキー設定の開き方

sai→その他<ショートカットキー設定

クリスタ→ファイル<ショートカットキー設定

openCanvas→編集<ショートカット設定

 

 

補助デバイス(左手デバイス)

とはいっても、こんなにたくさんのキーを、広いキーボードでカチカチ押すのは意外と大変です。

そんな時におすすめなのが、補助デバイス。(右利きが多いので「左手デバイス」とも呼ばれます)

 

ボタンの少ないちいさめのキーボードや、ゲームのコントローラーなどが一般的です。

ClipStadioには、専用のタブメイトコントローラーも売っています。

(クリスタをお持ちなら、公式サイトから特価で購入できます)

キーがむずかしくて全然おぼえられない!という方は早めにデバイスを導入するのも手です。
(じっさい管理人はすぐ買いました。)

ショートカットキーをつかえるか使えないかで、作業スピードはまったく違います。

あなたがこれからも絵を描き続けるのであれば、早ければ早いほど、そのメリットは大きいです。

あなたのイラスト添削します

【上達・画力アップ】イラスト添削いたします(3点指摘)【アドバイス・赤ペン等】

イラスト情報はツイッターでチェック!

ツイッターでは最新記事やイラストに関する情報(上達法やおすすめ書籍)、たまに管理人の作品を公開しています。