立体感がないイラストを卒業!立体的に絵を描くテクニック3点

rittaiteku

絵に立体感がない・・・」そんな悩みをもっていませんか?

模写をしたり、トレスをしたり、同じようなイラストができるはずなのに、なぜかぺらぺらな絵ができる。こんな現象に引っかかってスランプに陥ってはいないでしょうか。

だいじょうぶ、この現象には理由があります。今回は、立体感のある絵のためのさいしょの一歩、「立体感を出すテクニック」の紹介です。

立体感がない原因

なぜ、あなたの絵に立体感が出ないのか。原因はひとつです、情報が少ないから

立体とは、すなわち空間奥行です。あなたの絵に、この空間・奥行を教えてあげる情報が極端に少ない、または無い。そのせいで、見るひとに絵の空間が伝わらない。だからぺらぺら絵になってしまうのです。

ではどうしたらいいか、情報を入れればいいのです。空間・奥行を教えてあげる情報は、大きく分けて3つ。

1.影
2.線
3.奥行の形状

この3点です。では、詳しくみていきましょう。

立体感を出すテクニック3点

1.影

立体情報のうち、最もきほん的な方法です。影をつけるだけで、そこに空間が生まれます。

たとえば、つぎの絵。

rittaikage_m

 

おなじ丸に、影だけ変えてつけてみました。これだけで、左は床に、右は宙に浮いて見えませんか?

これは影で床とボールの位置関係をあらわしています。ポイントは2つ。

まず、ボールと床が近くにあるほど、影も近くにできること。
次に、ボールと床がはなれるほど、影はぼやけて、あいまいなものになるということ。

その2つを考えながら影をつけるだけで、ボールの位置がかわってきます。ただ影をつけるだけで、そこに空間がでてくるのです。

 

 初心者向け影の付け方

「そもそも影をつけるのがむずしい」、そんな方のためにかんたんな影の付け方を紹介します。

影になれない初心者のかたは、つぎの2つのポイントだけを抑えてみてください

  • 影は下におちる
  • 影は奥におちる

この2つ。まずはこの2つだけを考えてつけてみてください。「バカにするな」と怒られてしまいそうですが、わかっていても案外、絵であらわせないときは少なくありません。

たとえば首と顔だったら顔のほうが上に、また手前にあります。【上・手前】 だから【上・手前】の顔の影は、【下・奥】にある首におちるのです。

kagetukeka


影を描くときあなたがすることは1つだけです。上の2つのポイント、【上・手前】にあるものの影を【下・奥】にあるものに落としてあげる。

それももっとかんたんに、線画と同じ色でのベタ塗りをおすすめします。影の色を考えはじめるとどんどん複雑になってしまいまうので、ひとまず色は無視をしましょう。

下の絵は、上の2つのポイントだけを抑えて影を足してあげた図です。これだけで立体感がちょっとちがってみえませんか?

 

kagetukekat2

影は「下」「奥」、とりあえずは2つだけ。+αの迷わないポイントは「影は線画と同じ色でのベタで」

複雑なことは慣れてから学んでいけば大丈夫です。まずはちょっとずつ、影のセンスを磨いていきましょう。

 

2.線

2つめのポイントは、線です。この線の描き分けが、立体の情報へとつながります。描き分け法は、おもに3つです。

1)質感でかえる

【やわらかい、存在感がうすい】→細い線 (例:髪のけ、ファー、ガラス、水、湯気、草、葉っぱ、etc…)
【かたい、存在感がある】→太い線 (例:顔の輪かく、手、目、スーツ、机、氷、石、木の幹)rittaisenga

 

 

 

2)光と影でかえる

【ハイライト・光の当たっている】→細い線
【光が当たらない・暗い】→太い線

rittaiseng2

 

rittaitekisen1

3)遠近感でかえる

【近いもの】→太い線
【遠いもの】→細い線

enkin

 

下は元絵はまったく同じで、線だけをかえたイラストです。同じ絵でも、線の強弱・タッチをかえるだけで立体感や存在感がこんなにちがいます。

 

sennohikaku

 

3.奥行の形状

「奥行の形状」ということばだけでは、頭に?が浮かぶ方がほとんどだと思います。言い変えると、「立体の情報を形状で教えてあげる」という意味です。

実際に絵でみてみましょう。

 

 

rittaijouhou1

同じ立方体を描いたものですが、どちらのほうが立体的に見えるでしょうか。聞くまでもなく2ですよね。

では、1と2の違いは何なのか。こちらも聞くまでもないですね。この赤いところです。

 

rittaijouhou(2

 

ここが立体の情報です。この赤いところが、「この四角には奥行がありますよ」と教えてくれているわけです。こういった立体情報を、絵に足してあげると、全体の立体度があがってきます。

とくに多いのが回りこみです。「後ろにつづいてますよ」と情報をいれてあげると立体的になります。

 

RITTAI-sen

 

mawarikomisen

 

回りこみの情報があるだけで、絵の質はがらりとかわって見えます。

 

まとめ

立体感がしっかり出ているイラストは、それだけで魅力があります。「なぜ魅力的?」という質問があれば、わたしは迷わず「思いやりのある絵だから」とこたえます。

絵は誰かに伝えなければ意味がありません。

あなたの頭のなかでは、いかに「これは女の子」「この服はつるつる生地」と絵を描いたとします。

しかし、見るひとに伝わらなければ、その絵は男の子かもしれないし、ざらざらの服かもしれません。当たり前ですが、あなたの絵を見るひとは、あなたの頭のなかなんて知らないのです。

上手い絵は、作者が一生懸命に情報を与えています。

「これは女の子だから肩幅せばめて、手足を細くするよ」
「これはつるつるの生地だから艶をだすよ」

情報をわかりやすく見せて、なにも知らない「絵を見てくれるひと」へ教えてあげる。立体感はその情報でとくに大切なひとつです。

 

「見てくれるひとに、なにを伝えてればわかってくれるか」を考え、絵に表していくこと。これが魅力的な絵につながる、だいじな一歩です。思いやりをもって描く絵には、いやでも立体感がついてきます。

顔が立体的に描けないなら、側面ラインを描いておくべし

2015.12.31

立体感のあるイラストを描きたい!立体把握を鍛える練習法3選

2015.05.05

あなたのイラスト添削します

【上達・画力アップ】イラスト添削いたします(3点指摘)【アドバイス・赤ペン等】

イラスト情報はツイッターでチェック!

ツイッターでは最新記事やイラストに関する情報(上達法やおすすめ書籍)、たまに管理人の作品を公開しています。