人体イラストの練習に!おすすめデッサンポーズ集4冊【男性編】

イラスト上達にデッサンは効果が高い練習法です。

今回はそんなデッサンのお助けをしてくれる、ポーズ集を紹介します。

今回は、男性版。

男性のポーズ集は多くはありませんが、そのなかでも選りすぐりの4冊です。

新ポーズカタログ〈2〉男性の基本ポーズ編

・パンツのみ着用

・同じ画像でモノクロとカラー両方有り

・写真は小さめ

・アングルが豊富

 

1つのポーズを、水平・アオリ・フカンで、ぐるっと一周回して撮影してくれています。

「全身を描けない・描けるけど慣れない」という初心者さんには、まずおすすめしたい1冊です。

360度とまではいきませんが、ぐるっと一周してくれているので、アオリ・フカンが描けないという方もまずはこのポーズ集から。

 

写真が小さいため、完全にクロッキー向けの写真です。

ざんねんながら筋肉の勉強には向きません。

 

「全身イラストを描けるようになりたい」「すこし特殊なアングルに慣れたい」という初心者の方におすすめ。

 

マンガ家と作るポーズ集 男の筋肉ポーズ集


・パンツ(ボクサー)のみ着用

・オールカラー

・日常的ポーズが豊富

・写真は小さめ、見切れている画像も多い

 


特徴は日常的な動作の写真がたくさんあること。

男性の日常ポーズを細かくみれる資料は少ないので、それを求めるなら迷わず買いでしょう。

画力アップのデッサン目的よりも、日常シーンの資料集といった色合いが強いです。

 

筋肉ポーズ集とありますが、筋肉を学ぶ写真としてはかなり小さいし、見切れも多いです。

また、面積が大きいボクサーパンツを着用しているので、お尻や脚の付け根の筋肉はまったく見えません。

 

正直、タイトルを見て「筋肉が描けるようになりたい!」という絵描きさんが手に取ってしまうと、お蔵入りになってしまう可能性が高そうなポーズ集でした。

「日常的なポーズをそれっぽく描けるようになりたい」というひとにはおすすめです。

 

ハイパーアングルポーズ集 vol.2 shape of men

・パンツのみ着用

・アングルが非常に特殊

・モノクロ写真

・一枚一枚の写真が大きい

 

その名のとおり、ハイパーなアングルのポーズ集です。

アオリ、フカンといっても、真下、真上といったかなり角度のついた写真ばかりです。

 

立った姿勢で足の裏まで見れる日本のポーズ集は、管理人がしってるなかでは唯一です。

30秒ドローイングを実写にしたらこんな感じなのかな、といった印象。

 

なにより、写真が大きく印刷が丁寧で、光の大きさも最適。

描き手を考えてくれている本の作りです。

 

「普通のポーズや、ちょっと角度がついた人体は難なく描ける」という中級者さんのステップアップにおすすめ。

まだフカンやアオリがぜんぜん描けない・・・という方にはすこしレベルが高いかもしれません。

 

メール・ヌード・コレクション

・完全ヌード

・モノクロ写真

・ほとんどが動きを表現したポーズ

・変わり種ポーズが多い(日常的なポーズはほとんどなし)

・若干画質が荒い

 

今回紹介したポーズ集の中でもっとも古い一冊です。

そのため、印刷がすこし荒いのが難点。

 

ただ、大きい写真が多く、フルヌードで動きを表現したポーズ集は、日本内では取って代わるものがありません。

アングルは水平に固定で、ポーズが走ったり、跳んだり、ものを持っていたりなど少し変わり種が多いです。

見切れ写真がひとつもなく、全身イラストの練習には必ず通りたいポーズ集です。

 

全身イラストは描ける、ふつうのアオリやフカンも描ける。でもいつも同じポーズになる、下半身を描くのが苦手」という中級者さんにおすすめ。

 

重心を意識して描けるようになったあたりが、ちょうどいいレベルだと思います。

 

まとめ

個人的には、

新ポーズ→メール・ヌード→ハイパーアングル】の順番でこなしてくのがおすすめです。

(男の筋肉はデッサンポーズ集というより資料集的な扱いなので除外)

 

全身を難なく描けるようになれば、筋肉の勉強も取り入れてデッサンを進めると、効果は段違いです。

なのでメール・ヌードからは、並行して「アーティストのための美術解剖学」も一緒に進めることをおすすめ。

あなたのイラスト添削します

【上達・画力アップ】イラスト添削いたします(3点指摘)【アドバイス・赤ペン等】

イラスト情報はツイッターでチェック!

ツイッターでは最新記事やイラストに関する情報(上達法やおすすめ書籍)、たまに管理人の作品を公開しています。