【人体デッサン勉強】胸と腹部の筋肉(2)

jouhanshin2

前回に引き続き、胸とおなかの筋肉についてです。

今回はのこりの2つ、腹直筋(ふくちょくきん)前鋸筋(ぜんきょきん)です。

munekin

腹直筋

hukutyokukin

かたち

おなかの真ん中にあり、一般的に「腹筋」として知られている筋肉です。細マッチョを描くときに重視される、「割れたおなか(シックスパック)」もこの腹直筋のことを指します。

腹直筋は8つにわかれています。たての1本線(白線)と、よこに3本線(腱画)

daikyoukin02

この4つの線の基本的な向きを知っておくと、筋肉の描写に役立ちます。

hukutyokukin1 hukutyokukin2

描くときは白線を意識

筋肉が発達しているひとは、上6つの筋肉が目立ち、「シックスパック」と呼ばれる割れた腹筋になります。ただ、ひとによっては左右非対称だったり、とくに女性に多いのがバイオリン型という、名まえ通りバイオリンのようなひょうたん型のひともいます。

個人差のおおきい筋肉ですが、どんなひとでもぜったいにあるのが、中心の線(白線)。この中心の線はとくに体表にも出やすいので、おなかを描くときはぜひとも中心線を意識しましょう。

daikyoukin01

前鋸筋

zenkyo

かたち

 

zenkyokin

前鋸筋(ぜんきょきん)はあばらから肩甲骨にむかって伸びている、すじ状の筋肉のあつまりです。

しかしそのほとんどが広背筋や外腹斜筋など、ほかの筋肉に覆われて、表面にはほんの少ししか見えません

zenkyoki2n

筋肉質な男性を描くとき以外はあまり重要ではないように思うかもしれませんが、混乱しやすい筋肉なために存在と表れかたは知っておくのがいいでしょう。

きちんと理解せずにおくと、あばら骨と混同してしまいます。外腹斜筋とからみ合うような、丸みをおびた形状です。

zenkyoki2

マッチョを描くときには不可欠な筋肉です。細マッチョでも、前鋸筋の描き込みがあると、とたんにあか抜けて見えます。

まとめ

男性を描くときには、筋肉描写がぜったい必要です。多くの人が大胸筋や割れた腹筋を描き込みますが、かたちを理解せずに線だけ入れてしまうと、「ボディペイントでもしてるのか?」というような、不自然な身体になってしまいます。

筋肉がどこから生えているのか、どんな形状なのか。最低限でもこれだけは頭に入れておきましょう。

 

参考資料

 

たぶんアーティスト向けの人体デッサン教本では一番くわしい。それくらい厚みがあります。イラスト向けではないかも、というほど細かい情報までのっているので、情報の取捨選択が必要です。

 

【人体デッサン勉強】胸と腹部の筋肉(1)

2016.07.07

【人体デッサン勉強】首・肩の骨と筋肉(初心者向け)

2015.10.09

あなたのイラスト添削します

【上達・画力アップ】イラスト添削いたします(3点指摘)【アドバイス・赤ペン等】

イラスト情報はツイッターでチェック!

ツイッターでは最新記事やイラストに関する情報(上達法やおすすめ書籍)、たまに管理人の作品を公開しています。