【人体デッサン勉強】首・肩の骨と筋肉(初心者向け)

katakakikata

今回から少しづつ、人体についての勉強をしていきたいと思います。そしてそのまとめとして、ちょっとずつ記事にまとめていきます。

今回は個人的にだいすきな人体パーツのです。目立つ部分だけに、人体でも特に「正しく見えるかたち」をとりたいところです。

 

最初に、初心者にありがちな間違いから、ふれていきましょう。まず知っておかなきゃいけないことは、「首から肩のラインは一直線ではない」ということです。

 

kubi
背中から鎖骨にかけて、僧帽筋という筋肉がのびています。これが、肩と首の間に台形のかたちをとってあらわれます。

kubi1

 

 

台形を置くだけでだいぶそれっぽく見えますね。さて、ざっとかたちを掴んだところで、内部事情にずかずか踏みいってみましょう。

 

肩を描くうえで絶対に意識しないといけないのが、です。なぜかというと、肩は人体でとくに脂肪がすくなく、骨の形状がまるまる表面にみえるからです。

 

肩で重要な骨は3つあります。

 

まず、誰もが知ってる鎖骨
次に鎖骨からネクタイ状にのびている胸骨
最後に背中側にある肩甲骨です。

 

そしてその3つの骨とはべつに、特別枠で大事な骨があります。筋肉の流れで外せないのがこの2つ、背骨上腕骨(いわゆる腕の骨)。ではどんなかたちであるのか見てみましょう。

 

 

kubi(2

そのうえに筋肉をつけてみます。筋肉のなまえは今すぐ覚える必要はありませんが、すこしずつでも覚えておくのをおすすめ。教本や講座での説明が頭に入ってきやすいので、理解度が深まります。人間関係も仲良くなるにはまず顔と名前を覚えますよね。筋肉もいっしょです。

 

 

名前とどんな筋肉かを覚えてあげると、ひとの絵を見たときでも「○○筋をこう描くときれいに見えるのか」「この角度だと○○筋はこう見えるのか」など吸収力もたかまります。

 

kubi(3

1)胸鎖乳突筋:耳の後ろから伸びてくる筋肉です。男女で角度の差をつけると、それっぽくなる。これが、いわゆる首の筋になります。

 

 

2)僧帽筋背中からぐいっとのびてる筋肉です。ひし形のかたちが、修道士のぼうしに似てたからこの名前がついたんだそう。おもな働きは、肩甲骨をうごかすこと。

 

3)三角筋:鎖骨と肩甲骨からのびて、上腕骨をおおう、肩パッドのような筋肉です。かたちは肩パッド、と覚えていただければ問題ないです。

 

 

4)大胸筋:上腕骨から鎖骨、胸骨にむかって扇状にひろがる筋肉です。女性の胸はこの筋肉のうえについています。骨の上に大胸筋、大胸筋の上に胸。おっぱいをいきなりつけてはだめなのです

 

 

これら筋肉には流れがあります。この流れは、ざっとでも覚えていたほうがいいです。なぜかというと、筋肉の流れがはじまる点と終わる点は、「へこみ」としてからだにでてきやすいからです。

 

kubi(4 kubi(5

 

 

さて、今回はここまで。本当にきほんのきほんについてでしたが、いかがだったでしょうか?

なんとなく頭ではわかっているものの、自由自在には動いてくれないものです。「それらしく描く」ためには、やっぱりある程度知識は必要です。

まずは描いてみる。それを繰り返していけば、さらさらと素敵な肩が描ける日も遠くないのでは。そう願いながら、せっせと肩を描きまくった記事でした。

【人体デッサン勉強】胸と腹部の筋肉(1)

2016.07.07

足を描くとき『3つのアーチ』を知っておけば、それっぽく描けます

2015.12.30

あなたのイラスト添削します

【上達・画力アップ】イラスト添削いたします(3点指摘)【アドバイス・赤ペン等】

イラスト情報はツイッターでチェック!

ツイッターでは最新記事やイラストに関する情報(上達法やおすすめ書籍)、たまに管理人の作品を公開しています。