本気で画力向上したいなら、知っておくべき『イメージ描き』

imagekaki

イラスト上達の壁は、絵描きのレベルによってその大きさがかわってきます。

上手くなればなるほど、より大きな壁にあたってしまうのです。

今回は上手くなればなるほどあたってしまう、『イメージの壁』と、それを打破する『イメージ描き』についてです。

 

上手い絵が描けないパターンは2つ

以前、イラストを描く3つのステップについてお話ししました。

上達するには絶対必要。絵を思い通りに描くために資料が必須な理由

2015.04.30

まずはすこし復習をしておきましょう。

1.見る【入力】
2.イメージする【想像・変換】
3.描く【出力】

%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88%e4%b8%8a%e9%81%94

さて、絵がうまく描けないパターンは大きく分けて2つです。

  • まず、「描くための技術がない」場合。→【出力】の力不足
  • 2つめに、「頭のなかにイメージがない」場合。→【入力】と【想像・変換】の力不足

 

【出力】の力が足りないならば、とにかく道具に慣れることです。

線がガタガタだったり、色塗りをはみだしたりなど、【出力】自体の問題はほとんどが経験不足によるものです。これらは「慣れ」によって、自然と解決します。

 

問題は、【入力】と【想像・変換】の力です。こちらは自然に解決するのは一定のレベルまでで、そこから先は意識して鍛えないとなかなか成長しません。

たとえば資料をまったく見ずに、手癖だけで描いていると、頭のぼんやりとしたイメージが、矯正されることなくどうどう巡りになってしまいます。

 

%e8%a6%8b%e3%81%9a%e3%81%ab%e6%8f%8f%e3%81%8f

 

また、資料を見ながらなら描ける、という絵描きもいます。

このような絵描きは、イメージしたり、アレンジしたりすることをほとんどせずに、見たままをそのまま紙へ移す作業を繰り返しています。

資料から入力して出力という答え合わせがあるため、『見る力』が鍛えられ、知識がたまり、上達します。

しかし、うまくなればなるほど、この方法だけでは、壁にあたってしまいます。いわゆる何も見ないで描けない」問題です。

%e8%a6%8b%e3%81%aa%e3%81%8c%e3%82%89%e3%81%aa%e3%82%89%e6%8f%8f%e3%81%91%e3%82%8b%e3%81%b2%e3%81%a8

 

さらなる画力向上のためには、【想像・変換】の力の強化が必要不可欠です。

そのためにも、イメージ描きのマスターを目指すことが重要になります。

 

イメージ描きとは何か

簡単にいうと、『頭のなかのイメージをそのまま紙に描く』描き方です。

3ステップのなかで注目すべきは【想像・変換】です。

imagekakiイメージ描きとは、2の【想像・変換】、「イメージする」ステップのイメージを強力にもち、それを【出力】作業へ直結させるものです。

 

しかし、言葉のようにはなかなか上手くいきません。

【想像・変換】から【出力】への連動はかなりむずかしいものです。

 

やり方

絵描きであれば、ちゃんとした作品を描こうとするときには、だれもがぼんやりしたイメージは持っているはずです。

イメージ描きでは、そのイメージの抽出に力を入れます。

イメージが浮かべば、すぐにでも描いてみたくなりますが、『イメージ描き』を習得をめざすなら、あやふやなままで線を描いてはだめです。

確固たるイメージができるまで目をつぶって、頭のなかで完成イメージを練り上げます。

完成のイメージが見えたら、すかさずそれを紙へと落とす。

デジタル派のひとも、はじめはアナログで描いてみるのがおすすめです。

描いているうちにイメージがぼやけてしまうので、そうなったらまた目を閉じて、もう一度絵の完成図を作りあげます。

 

はじめは時間もかかるし、思うような絵もできないでしょう。

しかし、これをくり返していくことで、【想像・変換】が鍛えられ、【出力】作業へと直結させることができるようになるのです。

まとめ

イメージ描きの目指すポイントは2つです。

  • 1つは「頭のなかのイメージ」を確固たるものにすること。
  • 2つは、そのイメージを腕に同期させること。

はじめのうちはどうしても、『いま描いている絵』にじゃまされて、イメージがあっという間に崩れてしまいます。

そのたびに目をつぶって、頭のなかで完成させること。

 

イメージ描きをはじめると、今までとは、「描き方そのもの」が大きく変わってきます。

同じ「絵を描く」という行為でも、根本的に違うことに挑戦しているのです。

だからこそ、はじめは絶対に上手くいきません。初心者に舞い戻ったような気分にもなります。

 

しかし、感覚を掴めば、その途端におどろくほどの上達が手に取るようにわかるはずです。

「描き方そのもの」を変えるということは、決して簡単ではありませんが、その実りは信じられないくらいに大きいものです。

関連記事

イメージ描きの練習法はこちらをどうぞ。

大変だけど、絵の上達効果が凄まじい・・・!『イメージ描き』習得の練習法

2016.09.15

あなたのイラスト添削します

【上達・画力アップ】イラスト添削いたします(3点指摘)【アドバイス・赤ペン等】

イラスト情報はツイッターでチェック!

ツイッターでは最新記事やイラストに関する情報(上達法やおすすめ書籍)、たまに管理人の作品を公開しています。