服のしわの描き方はパターンから!覚えれば描ける基本シワ2つ

hukunoshiwa

キャラクターを描くなら、服は必要不可欠なアイテムです。しかし服のしわを描くのがむずかしい、と感じるかたは多いでしょう。

なぜなら服のしわは表情が多彩で、いろいろな形があるからです。そう聞くと、なにやら複雑そうで不安になるかもしれませんが、大丈夫。

 

いろいろなシワも、2つのタイプに分けることができます。その2つを覚えることができれば、しわのコツを掴んだも同然です。

ややこしそうな服のシワ、今回は2つに分けて簡単に考えてみましょう。

 

引っぱりじわ

まず1つ目は、『引っぱりジワ』。布が引っ張られてできるシワです。イラストで描くべき多くのしわがこのタイプです。

 

shiwa03

 

服をつかんだり、押さえたり、または出っ張った部分があると、布がひっぱられ、しわができます。対象にひっぱられてできるため、まっすぐに近い曲線になります。

 

描き方のコツは、『引っぱられるポイント』をチェックすることです。

たとえば下の絵は、 × のところに引っ張られて、しわが入ります。

shiwa2

たまりじわ

2つめが『たまりじわ』。

あまった布が、くしゃくしゃっとなってできるシワです。別名『蛇行じわ』。イラスト初心者がいちばん迷うタイプのしわです。

shiwa3

 

 

ヒジやヒザなど関節部分、またはゆったりとした服のたるんだ部分が、この『たまりじわ』になります。

ランダムにできるため、いちばん描くのがむずかしいシワです。

 

描き方のコツは、『ひし形』を意識することです。『たまりじわ』はあまった布がつぶれてできるシワです。

だからこそ、つぶれた形、つまり『ひし形』を描くように入れてあげると、楽に描けます。

shiwa043

 

まとめ

引っぱりじわ』と『たまりジワ』。

この2つのシワは、イラスト講座や教本など、描き方として多く取り上げられています。

講座によって、2つのシワの定義が異なることがあり、こんがらがってしまうかもしれませんが、明確な決まりはありません。

むしろ『ひっぱりジワ』の延長に『たまりジワ』があることが多く、2つのシワを明確にわけることは不可能です。

 

だからこそ、シワの形をつかむことが重要になります。

このシワは、こうやってできている」、そう考えながら描く癖をつけると、次第に慣れてさらさら描けるようになるはず。

そのはじめの一歩を踏み出すために、シワのタイプ分けは効果が大きい方法です。

講座を見ても描けない服のシワ!コツの前に知りたいしわの基本

2015.11.25

その線、ゴミになってませんか? イラストにいい線の描き方、考え方

2015.10.04

 

あなたのイラスト添削します

【上達・画力アップ】イラスト添削いたします(3点指摘)【アドバイス・赤ペン等】

イラスト情報はツイッターでチェック!

ツイッターでは最新記事やイラストに関する情報(上達法やおすすめ書籍)、たまに管理人の作品を公開しています。