集中してイラスト作業効率をあげる!絵描きに嬉しいコーヒーの効果

イラスト作業には、集中力が必要です。

注意散漫で描いていると、時間がかかるだけでなく、出来上がる絵も、いい出来とは言えないでしょう。

そんなときにおすすめなのが、コーヒーです。

 

ビジネスマンや受験生に愛されるコーヒーですが、集中力アップや眠気覚まし効果は、絵描きにも嬉しいものですね。

今回は、そんなコーヒーに注目してみました。

イラスト作業のお供として、一杯いかがでしょうか。

コーヒーの効果

コーヒーと聞くと、多くのひとが「カフェイン」というワードを浮かべると思います。

眠気覚ましの代表ともいえる成分です。

 

よく耳にする「カフェイン」ですが、実はいろいろな薬に配合されています。

れっきとした、薬理作用の認められた成分なのです。

 

カフェインの主な効果は中枢神経を興奮させること

中枢神経に作用し、五感を鋭くさせたり、頭の回転をはやめたりします。これが眠気覚ましや疲労感の軽減につながるのです。

 

また、コーヒーの香りをかぐだけでも、効果はあります。

 

杏林大学の古賀教授は、コーヒーの匂いを嗅いだときの脳波を調べるという実験を行いました。

 

その結果、リラックス脳波のα派がもっとも多く検出された種類は、グァテマラブルーマウンテン

一方、マンデリンハワイ・コナは、集中力が高いことを表すP300という脳波の変化がみられたそう。

 

コーヒーの種類でも、表れる効果は変わってくるようです。

参考記事:「コーヒーの香りの秘密 古賀良彦

 

コーヒーを飲むときの注意

カフェイン耐性

カフェインに対する耐性は、あっというまにできてしまいます。

あなたが毎日コーヒーを飲んでいると、そのうち飲んでも頭がすっきりしなくなってしまいます。

せっかくの効果も、効かなくなってしまうのです。

 

しかしご安心を、カフェイン耐性はリセット可能です。

 

カフェイン耐性は大体2週間でできあがり、2週間ほどで通常レベルまで戻ります。

原稿の締め切り前など、もしもカフェインの効果を最大限に生かしたいなら、あらかじめ12日前からカフェイン断ちをしておくと効果大です。

 

砂糖を入れすぎない

砂糖を入れすぎてしまうと、血糖値が急激に上がり、逆に眠気がおそってきたり、集中力が低下してしまいます。

カフェインについての研究を行った鈴木教授によると、「スプーン一杯ほどの量であれば、血糖値にはほぼ影響を及ぼさない」とのこと。
(参考記事:コーヒーはいつ飲むのが効果的?

甘党の方は、すこし注意が必要です。

絵描きも気をつけたい、血糖値の詳しい説明はこちらの記事で。

 

カフェインを信じすぎないこと

カフェインの効果は、意識覚醒効果です。

 

集中力を高めたり、作業スピードのアップはできますが、あなたの持っている以上のパワーを引き出すことは出来ません。

だから、寝不足だったり疲れがピークに達しているときは、もともとの力がない状態なので、素直に寝た方が早いです。

あなたのイラスト添削します

【上達・画力アップ】イラスト添削いたします(3点指摘)【アドバイス・赤ペン等】

イラスト情報はツイッターでチェック!

ツイッターでは最新記事やイラストに関する情報(上達法やおすすめ書籍)、たまに管理人の作品を公開しています。